2017秋冬トレンド

東京コレクション2017からピックアップした秋冬トレンド

 

ファッション業界で初めて仕事するにあたり、これから勉学のためにファッションショー(職場ではコレクションと呼ばれる)ものを見聞していきたいと思います。

 

先ずは、東京コレクション。2017レディースファッション の秋冬全体の傾向としては、今まではいろんなファッション要素を取り入れたミックススタイルだったのが、洗練されたジェンダーレスになってきていると言われてます。

 

トレンドとしては、おおまかに4つの要素に分けられます。

 

立体的(3D)に見せるシルエットがさらに進化

 

モトヒロタンジのニット

この数年間は、立体的なスタイルというとコクーンシルエットのようなフォルムが登場してきてました。今年の東京コレクションでは、その立体的に見せるテクニックにも変化が見られました。

 

ランウェーに初登場したニットを得意とするブランド、「モトヒロタンジ」のようなニットだけで立体感を出したものが目をひきました。編みこみ模様に凹凸をつけ、まるでデコレーションケーキを思わせるような、キュートなニットです。

 

他のブランドでは、「エーディグリーファーレンハイト」や「ドレスキャンプ」のような張りのある素材とパターンを駆使して立体感を表現したものや、「ユマコシノ」のような異素材使いでスタイルを表現したものなど、立体感の出し方もブランドによってさまざまな手法が見られました。


 

百花繚乱の日本っぽくて個性的なデザイン

 

byu バイユー

東京コレクションは個性的なブランドが多くて、トレンドが生まれにくいのが特徴の一つと言われています。

 

初めてショーを開いた「バイユー」のような独特の口マンチックな世界観を持つものから、新しいデザイナーを迎えて―新した「ハナエモリ デザイン バイ ユウアマツ」のような洗練されたメゾンまで、歴史や醸し出す雰囲気も多様性に溢れています。

 

他にも、オタクカルチャーを巻き込んで奇抜な表現をしたり、海外アーティストに支持されているブランドなどが参加しています。まさに百花繚乱という言葉がピッタリの個性的なデザインでした。

 

ひとくくりにできないのが、ジャバンブランドの美しさやクールさにつながっていると思われます。


 

ワイドパンツ(ガウチョパンツ)は秋冬も継続

 

サポートサーフェス support surface

前シーズンからトレンドとして浮上してきている「ワイドパンツ」(ガウチョバンツ)がコレクションにも登場していました。秋冬シーズンもガウチョ人気は継続すると思われます。

 

「サボートサーフェス」のようなショートアウターと合わせるコーデイネートが、ガウチョスタイルにはベストな着こなしです。
また「エーディグリーファーレンハイト」のように、トップスもボトムスのシルエットに続くような、裾先まで広がっていく形に見せるのも新鮮な組み合わせでした。

 

「ケ―ビーエフ」のようにワンピースやスカートも、ガウチョのようにボリュームのあるシルエットが人気になってきています。


 

レトロっぽい感じの素材と柄

ビューティフル ピープル beautiful people

秋冬シーズンのファッションは、郷愁をおびた懐かしさや、季節的に求められる暖かさを柄や素材で表現することが多くなります。

 

今シーズンは「ビューティフルビープル」や「ケ―ビーエフ」のチェック柄に見られるように、毛足の長い羊毛を引き揃えて、短い繊維は取り除いた滑らかで光沢感のある糸、いわゆる梳毛素材を使用したコレクションも数多くみられました。

 

「ユマコシノ」や「ハナエモリ デザイン バイ ユウアマツ」のような優しい色合いのジオメトリック柄も、レトロっぽい雰囲気を表現しています。

 

「イン-フロセス バイ ホールオーハラ」は、アールヌーボー様式や1970年代のテキスタイルに代表される「ノスタルジック」を、ほどよく調和させたスタイリングで会場を沸かせました。


 

リアルクローズで真似しやすそうなワイドパンツスタイル

 

海外のコレクションに目を向けてみても、2017年の秋冬のレディースファッションでは、ワイドパンツとか、フレアなどのゆったりしたシルエットがやっぱりトレンドになってるみたいですよね。

 

2017レディース秋ファッションのトレンド ワイドパンツ

 

ブランド的には、Celine(セリーヌ)や、Loewe(ロエベ)、MSGMなどがワイドパンツスタイルを披露していたようです。

 

東京コレクションの方では、beautiful people(ビューティフル・ピープル)が、リアルクローズでも真似しやすそうなのワイドパンツスタイルを提案していたので、いくつかピックアップしてみましょう。

 

ライン入りケーブルニットに合わせたワイドパンツスタイル

 

縄柄ニットトップスに合わせたワイドパンツスタイル

 

まずは、袖口や裾、襟などにラインが入ったケーブルニットにワイドパンツを合わせたコーディネート。

 

ランドセルっぽいバッグのデザインからしても、ちょっと大学生っぽい雰囲気ですよね。

 

太めのシルエットのワイドパンツは、ちょっぴりクリーム色がかってるので、純粋なホワイトコーデ(白コーデ)とは言えないかもしれませんが、メンズライクなテイストのほぼ白コーデを組む時の参考にしても良さそうです。


 

センタープレス加工入りワイドパンツのコーデ

 

センタープレス加工入りワイドパンツスタイル

 

ざっくりとしたモコモコ素材のVネックニットにワイドパンツを合わせたスタイル。

 

ポイントは、ワイドパンツにセンタープレス加工が入って、真ん中に折り目がついてることです。

 

ちょっときっちり感のあるセンタープレス加工ですが、ゆるニットと合わせることによって、斬新なカジュアルスタイルになっています。


 

チェック柄のワイドパンツに地柄のニットを合わせたコーデ

 

チェック柄のワイドパンツに地柄のニットを合わせたスタイル

 

チェック柄のワイドパンツに、フィッシャーマンズセーターみたいな柄が入ったニットトップスを合わせたコーディネート。

 

インパクトのあるファー素材のマフラーもしてますが、ファー素材のアイテムは、去年に引き続き、今年もトレンドになってます。

 

パンツと白のニットだけなら、かなりメンズライクなスタイルですが、ファーマフラーがあることによって、女性っぽさも加わり、バランスのいいコーデになっています。


 

 

 

 

襟のレトロな花柄が可愛いシースルーシャツを買いました

私は、普段「wear」でコーデチェックをしています。

 

夏夏に向けて、みなさん花柄トップス(シャツ・ブラウス)アイテムを使ってかわいいコーデに仕上げている人が増えていました。

 

私はどちらかといえば、いつもモード系の洋服で無地(柄ありだとギリギリストライプ)だったのですが、トレンドに乗っかってしまえ!ということで、自分の好みの刺繍花のシャツを探していました。
ただ、量販店だと多くの人とカブってしまうなぁと思い、高級ブランド洋服の扱いもある古着屋のRAGTAG梅田店に向かいました。

 

ここのお店はレア商品などもあり、宝物探しのような感覚で店内をチェックしていきました。

 

ギャルソンの襟に可愛い花柄のシースルーシャツ

そこでふと、ギャルソンの2015SSのシースルーシャツを発見しました。胸下には縦にギャザーが入っていて、デザインは私好み。

 

そして、丸襟部分にレトロな小花柄が並んでいるデザインで、このひかえめな感じがとっても気に入って試着しました。

 

普段XS以下を購入するのですが、そのシャツはSサイズだったので少し不安だったのですが、試着してみるとそのサイズが絶妙な抜け感を作り出していました。

 

また、今年流行の襟抜きコーデを試してみたのですが、柔らかい生地なので上手に後ろにクタっと倒れてくれ、即決して購入しました。

 

金額も3分の1くらいに落ちていたし、古着といってもかなり状態が良くお気に入りの1枚です。

 

ネイビーなので子供っぽくならず、しかもデザイン性も高いしちゃんとフラワー柄もついている!

 

30代に突入し、良い質の生地のものを購入していこうと思っていたので、今年初の春夏アイテム購入品が、襟に花柄飾り入りのシャツになりました。

 

春はもちろん、夏にも日よけとして使えるアイテムなので、大切に・かつファッションをこれからも楽しみたいと思っています。

 

お店を巡っていて気づいたのですが、どうも、今年は、花柄アイテムが大豊作なようで、店頭でも、通販でも、プリント柄、刺繍、カットワークなどなど、いろんなタイプの花柄アイテムが出ているようです。

 

30代以上の大人の女性でも着られるレトロな花柄ワンピースも出てるので、フラワープリントが好きな人は、チェックしてみて下さいね→可愛い花柄ワンピース2017

 

私も、普通のワンピースには、ちょっと飽きて来たところだったので、今年の夏は、キャミワンピを試してみようかな、と思ってます。